Hi-Romi.com (ハイロミドットコム)のブログ Hi-Romi.com (ハイロミドットコム)の店長日記(照明の製作現場より) Hi-Romi.com (ハイロミドットコム)のツイッター Hi-Romi.com (ハイロミドットコム)のインスタグラム Hi-Romi.com (ハイロミドットコム)のフェイスブック Hi-Romi.com (ハイロミドットコム)のピンタレスト
お盆期間の営業と配送について  お盆期間も【平日営業】お盆期間の営業時間を確認する詳しくはこちら
 8/8~8/19まではお盆期間による集荷(荷受け)時間の変更や、交通の混雑状況によりお届けが遅れる可能性がございます。

インダストリアル照明や工業系照明とは

年々人気が高まっているインダストリアル照明について当店の販売する工業系照明を交えて分かり易く説明します。お部屋の雰囲気を一変させるほど存在感のあるクールな照明をご紹介致します。



インダストリアル照明とは

インダストリアル照明とは

インダストリアルなインテリア、インダストリアルな雰囲気など最近よく耳にされることもあるかと思います。

インダストリアルとは「工業的な~」「産業の~」などの意味で、 その名のとおり工業や産業の中で磨かれた利便性や機能の高いデザインを差します。

第一次世界大戦の特需で沸いたアメリカが大繁栄し、世界経済の中心がロンドンからニューヨークへ移った1920年代。大量生産や大量消費の生活様式が確立し、手仕事から機械での仕事へ大幅に移り行くなかで様々なインダストリアル様式が生まれました。

一般家庭に馴染み易い合理的でシンプルなデザイン、職場や工場などで浸透したハードな扱いや雑な扱いにも耐えられる無骨で頑丈なデザインなど、アメリカ文化が成熟する60年代にかけ インダストリアルデザインもさらに細分化してゆきます。

今日ではその当時のアメリカの時代背景を中心に、古めかしいイメージと共に連想されるラフでシャビーなイメージを含めインダストリアルデザインと呼び、それらの特徴をもった照明をインダストリアル照明と呼んでいます。

ヨーロッパテイストとは違うアメリカンなインダストリアル照明

ヨーロッパテイストとは違うアメリカンなインダストリアル照明

今日の日本では、北欧やドイツといったヨーロッパを中心としたインダストリアルデザインにも注目が集まっています。

北欧デザインやヨーロッパテイストのインダストリアル照明はシンプルなものが多く、細いラインや華奢なフォルムを好む日本人の好みにもマッチしています。 様々な家具とも合わせやすく、人気のナチュラルインテリアとも相性が良いのも人気が高まっている理由のひとつかもしれません。

Hi-Romi.comで扱うインダストリアル照明は、主に1920年代からミッドセンチュリーと呼ばれる1960年代にかけて成熟したアメリカ文化やスタイルをイメージしたインダストリアル照明です。

アメリカ文化特有の派手さや屈強さを兼ね備えたデザインは、シンプルさが際立つ欧州テイストの工業デザインとは一線を画します。 工業製品特有の重厚感や機能美はもちろん、どこか懐かしさや古めかしさ、遊び心を感じさせるそんな温かみのあるインダストリアル照明を提案しています。

インダストリアル照明でインテリアや空間に重厚感をプラス

インダストリアル照明でインテリアや空間に重厚感をプラス

インダストリアル照明は上記したとおり、重厚感や無骨さが魅力です。室内のインテリアにはとにかくこだわりの強いアメリカでも人気が高く、 アンティークのインダストリアル照明はもちろん、古いヴィンテージパーツなどを使用したものも高値で取引きされます。

古いランプに手を加え、長く使うのはアンティーク照明と変わりありませんが、ことインダストリアル照明に関しては無造作でラフに 使える気軽さが人気の秘訣です。豪華なシャンデリアや装飾の細かいアンティークランプだとなかなかこうはいきません。

気軽に使えて、おしゃれでかっこいいインダストリアル照明は人気が高まる一方です。お洒落なLED電球が一気に普及した日本でも 無骨でハードなデザイン照明をインテリアに取り入れた、ちょっとワイルドな雰囲気やジャンクなイメージが人気です。

むき出しのコンクリートや古いレンガの壁、ダークなワックスで仕上げたフローリングなどこだわりの空間を さらに引き立ててくれるインダストリアル照明。

照明器具はお部屋やインテリアの脇役ですが、インダストリアル照明はメインとも言えるくらいの存在感を発揮します。 アンティーク家具やヴィンテージ雑貨と合わせて使うのはもちろん、工業系の照明があるだけで自然と空間に重みがプラスされます。

男前と呼ばれるブルックリンスタイルや西海岸、カフェスタイルなど様々なインテリアに、より重厚感や本物の質感を加えてくれる スパイスのような存在、それがインダストリアル照明です。

人気のインダストリアル照明・工業系照明のご紹介
真鍮の重厚感がたまらない船舶用ライトのマリンランプ

真鍮の重厚感がたまらない船舶用ライトのマリンランプ

真鍮製のケージと分厚いガラスドームが目をひくマリンランプ。分厚いガラス越しにこぼれる白熱球の光が幻想的です。本来は船舶用の照明器具ですが、腐食に強い真鍮を使ったデザインやフォルムがかっこいいこともあり、屋内用照明としてリメイクカスタムして販売しました。

アイアンの無骨さがクールなアメリカEAGLE社製のグースネックデスクランプ

アイアンの無骨さがクールなアメリカEAGLE社製のグースネックデスクライト

おしゃれな工業系照明の基本とも言えるグースネックデスクライト。インダストリアル照明の中で一般家庭を含めて最も普及していると言っても過言ではないほど、アメリカのアンティーク市場で見かける工業系ライトです。グースと呼ばれるガチョウの長い首になぞらえてグースネックと言われています。自在に動くアームと重々しいアイアン製のベースが魅力です。

ハサミのように伸縮するシザーアームライト

ハサミのように伸縮するシザーアームライト

ハサミで何かを切るときのような動きで伸縮するシザーアームを使った工業系照明。アメリカでもこの手の照明は多く普及しており、安価なものから業務用の重々しいものまで様々です。伸縮するアームのおかげで使用しないときは場所をとらずに収納でき、使用するときは思った場所へ採光できるため大変重宝します。まさに機能美を追求したインダストリアル照明です。

配管バルブを使った可動式アームライト

配管バルブを使った可動式のアームライト

見るからにインダストリアル照明と言った可動式アームを持つブラケットライト。本物の古い水道配管の止水バルブが角度調整のハンドルになっているハイセンスな照明です。アームを上下自在に動かせる機能性からアパレルショップなどにも人気が高く、シーズンごとの商品に合わせ、アームの角度を自在に動かせるのが人気の理由です。日常とはまた一味違ったクールな空間演出に持って来いの工業系照明です。

銅や真鍮の存在感が圧倒的なスチームパンクな配管照明

銅や真鍮の存在感が圧倒的なスチームパンクな配管照明

最近の流行で最も見かけるインダストリアルライトと言えば配管や水道管を使った工業系照明。様々なショップで見かける配管照明の多くは鉄で出来ていますが、Hi-Romi.comの配管照明は真鍮や銅でできた実際に使われていたヴィンテージパーツを使用して造られています。スチームパンクと呼ばれる蒸気機関が動力として多く使われた時代に考えられていた時代錯誤あふれるレトロな未来感がテーマです。壁面の主役としての存在感あふれる迫力あるデザインが魅力です。

筒型の特徴的なシェードが魅力のピクチャーライト

筒型の特徴的なシェードが魅力のピクチャーライト

ピクチャーライトとはその名の通り、絵を照らすための照明です。絵画を入れた額縁の上に設置され、絵を照らすよう内側に向かって採光できる機能を備えています。ピクチャーライトの人気は根強く、現代のライフスタイルに合わせ、絵画だけではなくカフェの壁面メニューへの採光やヘアサロンのミラーの上など使われ方も多様化しています。機能性が際立つ工業系ライトです。

ピアノライトのようにアームが可動するダブルアームライト

ピアノライトのようにアームが可動するダブルアームライト

譜面を照らすためにアップライトピアノの上に設置された照明器具をピアノライトと呼びます。このダブルアームライトはそんなピアノライトから着想を得てHi-Romi.comがオリジナル照明として製作したインダストリアル照明です。パーツはヴィンテージやアンティークの古い真鍮や銅のパーツを使い組み上げています。ベースに近い角度調整とヘッドに近い角度調整の2点で採光の角度や高さの調整が大変機能的に行えるのが特徴です。

人気の角度調整機能でアームが自在に上下する工業系照明

人気の角度調整機能でアームが自在に上下する工業系照明

インダストリアル照明の中で忘れてはいけない機能は角度調整ではないでしょうか。一般的な家庭はもちろん工業や産業などの現場、オフィスなどでも角度調整機能のついた照明は大変重宝します。当店でも根強い人気で様々なデザインの可動式アームが工業系照明に使われています。シンプル且つ機能的な側面から、インダストリアルな雰囲気だけでなくモダンや北欧など人気のインテリアとの相性も良いため、簡単に暮らしの中に取り入れ易い工業系照明です。

電球をがっちりガードするワイヤーケージ付照明

電球をがっちりガードするワイヤーケージ付照明

こちらもまさにインダストリアル照明の代表格。ワイヤーケージ付きの工業系照明です。ワイヤーケージ照明は本来、工事現場やハードな扱いを強いられる現場、車や工場などで故障が起こった際に手に持ったりフェンスなどに引掛けて使うために製造されたもので、トラブルライトと呼ばれています。電球が割れないよう効率良く採光出来るよう、全面がワイヤーケージになったタイプと、背面にプレートで覆われた種類などがあります。実際にトラブルライトとしての役目を負っていたアンティークやヴィンテージのワイヤーケージ照明は、やはり人気の高いインダストリアル照明です。

インダストリアル照明・工業系照明の購入は一覧ページをクリック